読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメとかゲームとか色々

書けるものから書いてく

有頂天家族読みました

新しく小説に手を出す時はアニメ化してるってのがひとつの基準でして
しかも有名な作家さんなのでこれは期待できるかなと

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

アニメのほうは最終回まできっちり見たんですが、その当時は芝居がかったような持って回った言い回しがインテリ臭いとかサブカル臭いって感じでそこまで好きじゃなかったですね。
で、小説を読んだらその印象が180°反転しましたね。
小説の利点はモノローグというか心理描写を手厚く出来る点だと言っていい。

赤玉先生と矢三郎のですね、狸芝居、お互い嘘を言ってることを理解しつつ話をまとめて決着させる掛け合いが物凄くお気に入りのシーンになりました。
化物語でもそんな感じのシーンありますね。リアルでそういう掛け合いしてみたいもんです。

で、アニメとの比較なんですが、漫画やラノベのアニメ化だと「このシーンお気に入りだったのに」とか「なんでこのシーン削った」とかの不満が出がちですが、有頂天家族に関してはそういうのが無く、きっちり余すところなくアニメ化してますね。
小説版でしか書かれてないシーンとか期待して買った節もあるんですが、これがなかったのが意外。あったかもしれないですが熱心なファンじゃないので・・・
あと、先にアニメ見とくとキャラとか声とかシーンを頭の中に浮かべつつ読めたのが良かった。絵的な情報量は断然アニメの方が上ですからね。

というわけで、アニメと小説で二度美味しい有頂天家族。お勧めです。
あと狸大好きです